適応障害やうつ病になると
会社や学校での生活を送る
ことが難しくなり、休職や
休学になることがあります。
そのような時にどのように
過ごせばよいかをお話しします。


結論から言うと

自分のやりたいことをやる

です。


適応障害やうつ病になる人は
責任感が強く、人のために
自分のやりたいことを我慢する
傾向があります。



適応障害の症状を改善するには
原因となったストレスを取り除く
必要があります。


休職になってまで周囲に
気を遣う必要はありませんので
自分がやりたいと思うことを
周囲に迷惑をかけない程度に
行うのがよいでしょう。


私も以前、適応障害になって
休職した経験者があります。


休職した際

周囲に仕事で迷惑がかかる
自分だけ休んで申し訳ない

などと考えてました。


しかし、自分のために休み
たいと考えて自分のやりたいことを
リストアップしました。


喫茶店に行って好きな本を読む
一人でアウトレットに行く
パチンコに行く
岩盤浴で汗をかく
プールでがむしゃらに泳ぐ


これらのことが自分にとって
やりたいことだったので
気にせずにやりました。


ポイントは罪悪感を感じない
ということです。


自分がやりたいことを自分で
進んでやることで自分の内に
秘めたパワーを思い出すことが
できました。


自分はダメな人間と思うので
はなく、あなたならきっと
できるパワーがあることを
思い出して下さいね。