読まれる文章、読まれない文章の
 違いをあなたはご存知ですか?

 実は文章というのは書く前から
 いいか悪いか、読まれるか読まれ
 ないかが決まってしまうのです。


 せっかく時間をかけて文章を
 書くのであれば、読み手に読まれる
 文章を書きたいですよね?

 この記事では相手に読まれる文章を
 書くコツを紹介します。 

  それはずばり

 文章は自分で考えるな!! 


 ということです。


 どんな人がこの文章を読むのか?
 読んだ人にどのような行動をして
 ほしいかについてはこちらの記事で
 紹介しましたよね。


 



 多くの文章は自分が読ませたいことを
 優先してしまい、読み手のことを意識
 していないのです。


 実は読者は書き手が期待するほど
 文章をしっかりと読んでくれるわけ
 ではないと考えておいた方がよいです。

 
 文章で読者の心を動かすのはそれほど
 難しいのです。


 そのためには

 マインドリーディング 

 と呼ばれる手法を使うと読まれる
 文章を書くことができます。


 マインドリーディングとはダイレクト
 マーケティングの世界ではよく
 使われている手法で


 ・メッセージを送るターゲットを分析
 ・ターゲットに合う言葉を選ぶ
 ・文章を作成する

 ものです。


 具体的には

 ターゲットになりそうな年齢、性別
 ライフスタイル、年収、趣味などを
 詳細に分析します。

 そして、ターゲットになりそうな人
 に実際に話を聞いてみたり具体的に
 想定することで文章は心に響くもの
 に変わります。


 文章は書くことが大事と思われますが
 実は書く前にどれだけ調べられるかで
 勝負は決まっているのです。

 


 厳しい言い方になりますが
 文章を書いていて、途中で何を書こうか
 止まって悩んでしまうのは準備不足と
 言うしかありません。

 
 きちんと準備ができていたのなら
 一気に文章が書ける状態なのです。


 読んでもらいたい文章を書きたいので
 あれば、読者を分析することに時間を
 使って下さいね。

 
 感情を揺さぶる言葉、文章はあなたの
 頭にあるのではなく、読者の心の中
 にあるのです。 

 
 
非常に大切なことなので理解して
 実践できるようにしましょう。
 あなたの文章が劇的に変わりますよ。