相手の心を動かして自分の文章を
 読んでもらいたい時に何をすれば
 いいでしょうか?

 様々な情報を正確に伝えることも
 もちろん必要です。

 ただ、相手の心を動かして行動して
 もらうにはもっと必要なことが
 あるのです。

 この記事では相手の心を動かして
 行動してもらうために何を文章として
 書けばよいか紹介します。

  

 結論から言うとタイトルにもありように

 感情を揺さぶる文章を書け!! 

 ということです。


 以前の記事で読者に伝えるメッセージの数に
 ついて紹介しました。

 


 誰にでも当たり障りなく伝わるような
 きれいな文章は表面的な文章となって
 しまうため、読者の心には届きにくいです。

 
 それよりも読者の感情を揺さぶるような
 ことをズバッと書いた方が相手に行動を
 させる原動力となります。

 
 これは引き寄せの法則にも当てはまりますが
 書き手が感情を抑えて当たり障りない文章を
 書いたなら読み手も感情を抑えて文章を
 受け取ることになってしまうのです。

 
 ですから、時には飾り気のない荒っぽい
 文章の方が伝わるときがあります。

 
 毎回、定型文を利用しているようでしたら
 見直すことも重要です。


 人は論理ではなく感情で動く

 という心理状況があるのです。

 
 残念ながら人は論理で納得しても
 行動しません。

 感情によって行動した後にその行動を
 正当化するために理屈をつけて
 正しい行動をしたことにするのです。

 
 そのためには

 話しかけるように書くこと!!

 が重要です。


 話しかけようとするとどうしても
 感情が入ってしまいますよね?


 これでいいのです。


 読み手に次の行動を起こそうという
 気持ちにさせるように感情に
 語りかけるようにしましょう。