最近では昔以上に効率が求められて

いて、会社や学校でも無駄なことは

せずに最短距離で結果を出す方法が

善とされていますよね? 

今日は生産性を上げる際に必要なものと

して、よく議論となる「労働条件」と

「人間関係」 について紹介します。




あなたは生産性を上げるために必要な

ことは「労働条件」だと思いますか?

それとも「人間関係」だと思いますか?


以前は労働の生産性を上げるためには

照明の明るさや部屋の温度や湿度、更には

休憩時間という物理的な労働条件が関係

していると考えられていました。


ところが、「ホーソン実験」と呼ばれる

実験の結果、生産性は労働者を取り巻く

人間関係によって大きく左右される
ことが

判明したのです。 


会社で仕事をする際には基本的には一人で

することはなく、先輩や後輩、同僚などと

協力してすることが多いです。


そんな時に良好な人間関係が築けていれば

円滑に仕事を進めることができるのです。

人間関係で悩んでしまうとうつ病や適応障害と

なってしまうこともあるので、注意が必要です。





それに気づかずに仕事ができないと言って

先輩や上司が後輩を叱責してもチームの雰囲気が

悪くなるだけで、生産性は上がらなくなって

しまいます。



まずは人間関係をうまく築けるようにしましょう。

そのためには自分の意見や過去の慣習を押し付ける

のでなく、時代の変化や若者の考え方にも柔軟に

対応することが大切だと思いました。