適応障害で苦しむことって周囲に
 理解されにくくてほんとに辛いですよね。

  

 私も以前適応障害になり、会社を休職した
 経験がありますのでよくわかります。

 

 

 今日は適応障害で会社を退職することに
 なった場合に、再就職を急ぐべきかどうか
 という質問に対して私なりの答えを紹介
 したいと思います。


 私の考えでは

 生活費などがある程度確保できるのであれば
 再就職を急ぐのではなく、まずはゆっくり
 休息をした方がよい。 

 です。 

 
なぜかというと適応障害になりやすい人の
 特徴として


 ・自分が原因で周囲に迷惑をかけている。
 ・周囲に必要以上に気を遣いすぎる。
 ・嫌だと思っても自分が我慢すればうまく
  いくと考える。

 など、自分の気持ちに蓋をして我慢をして
 しまう傾向があるのです。

 
 そこまで、自分を傷つけて我慢できなくなって
 適応障害になってしまい退職までしてしまった
 のであれば、まずはゆっくり休息をして自分を
 自分で癒やしてあげましょう。

 


 私も休職をした際は

 ・自分が休んだら会社に迷惑がかかる

 などと無駄な心配をしていましたが休んでみると
 自分がいなくても会社の仕事は何事もなく
 うまく進んでいることがわかりました。

 適応障害ではストレスの原因を取り除くことで
 症状が改善されますので、会社の上司のパワハラが
 原因だった私にとっては会社に行かないことで
 どんどん症状が改善されました。

 とはいえ、今まで傷ついた心を回復して
 次に進むためにはやはり時間と休息が必要
 だったのです。


 仕事をしていた時は長期休暇が取れたら
 したかったことなどを思い切って実行して
 みることもおすすめです。


 休んでばかりいると、サボっている気がして
 しまう真面目な性格のあなたでも気にしなくて
 大丈夫です。


 会社に行かずに遊んだり、休息していると
 いつの間にか働きたくなる瞬間が来るからです。


 私もしばらく休職していた時に、突然
 会社に行きたくなる気持ちになりました。


 ずっと働かなくてもいいという思考には
 ならないはずですので、今は自分の傷を
 癒やすように再就職を急ぐのではなく
 休息をするのがいいと考えています。


 周囲と比較して自分が駄目だと責めたく
 なってしまったりすることもあるかと
 思いますが、あなた自身が素晴らしい
 存在なので、もっと自信を持って楽しく
 生活してくださいね。