適応障害になりやすい人は
 優しい人が多く罪悪感を感じやすい
 と言われています。
 

 

 罪悪感と同様に必要以上に
 羞恥心を感じやすいと言われて
 います。
 
 そこでこの記事では

 ・適応障害とはどのような病気か?
 ・罪悪感には2つある。
 ・羞恥心を解消する簡単な方法
 

 ということについて紹介します。
 
 この記事を読むことで

 必要以上に罪悪感や羞恥心を感じてしまい
 適応障害になってしまわないように
 予防することができます。





適応障害とはどのような病気か?

適応障害とは一般的には、新しい環境や人間関係
などの特定の条件によってストレスを感じてしまい
そのストレスが原因で日常生活を送ることが難しく
なってしまう病気のことです。


具体的には会社では部署異動や転勤、学校では
クラス替えや引っ越しによる転校などによって
環境が変わることによって、必要以上にストレス
を抱え込んでしまう場合などが一般的とされて
います。


私も適応障害を経験していますが、私の場合は
会社の部署異動が原因でした。それまでは技術職
として働いていましたが、本社へ異動となり自分と
してはいいステップアップだから頑張ろうと思って
いたのです。


ところが、仕事の進め方や周囲の人間関係
特に上司のパワハラによって、次第にストレスを
溜め込むようになってしまい、適応障害となって
休職することになってしまったのです。


それでは適応障害になるとどのような
症状が現れるのでしょうか?
様々な症状について紹介いたします。


症状は人それぞれ違うので気をつける
必要があります。

罪悪感には2つの種類ある

罪悪感という言葉は何となく聞いたことが
あるかと思いますが、実は2種類の罪悪感が
あります。


・現実的な罪悪感
・非現実的で度を越した罪悪感



罪悪感を感じること自体は決して悪いこと
ではありません。


他人に悪いことをしてしまった場合は
素直に謝ることが正しいですし、罪悪感を
感じて再発しないように対策する必要が
あります。


問題となるのは、非現実的で度を越した
罪悪感のことです。度を越した罪悪感を
持ち続けるのは必要ありません。


それは相手に対する自分自身の権力や
存在意義を過大評価していることに
なります。


罪悪感は無力感と悲しみから自分を守る
ために抱くもの
だという説明があるくらい
で、必要以上に抱く必要はありません。


必要以上の罪悪感を抱え込まない

例えば自分が病気になった時に、その責任が
自分にあると感じてしまう人がいます。


そのように感じてしまう人は

・自分が運動不足だったから
・バランスのよい食事をしなかったから
・睡眠不足だったから


などいろいろと理由をつけて自分を責めて
しまうのです。


仮に病気になった原因が自分にあるとすると
病気を治す力も自分が持っているということ
になります。


そのために生活スタイルや習慣を変える
ことを始めるでしょう。


しかしながら、命は不明確で、誰でもいつ
でも病気になる可能性は少なからずあると
いう事実はあるため、どんなに頑張っても
100%自分だけで治すことはできないのです。


生命の危うさと自分の無力さをいい意味で
向き合うことで、必要以上な罪悪感を抱く
ことはなくなります。


羞恥心が解消されれば自由を手に入れられる

今まで罪悪感について説明してきましたが

・罪悪感:自分がやってしまったことに対して
・羞恥心:自分自身に対して

抱くものとされています。


罪悪感は自分が何をしたせいだったのか
自分が何を怠けたからだと説明すること
ができます。


ですので、その罪悪感が妥当なものなら
間違いを直せばいいし、妥当なもので
ないなら罪悪感の量を調整することが
できます。


ところが羞恥心については何が原因
なのかわからないため、言葉で良い表す
ことができないのに恥を感じてしまう
のです。


羞恥心は、根本的に自分に欠陥があると
いう感情であるため、なかなか口に出す
ことが難しく恥じている事自体を恥じて
しまうことも多く、羞恥心を抱いている
ことを言わない傾向も多いとされています。

羞恥心を解放することによって正直で
自由に生きる道を選択することができ
ます。


恥の感情を解放するには、古い経験を
打ち消すような新しい経験をすること
が必要です。


例えば誰かに思いやりを示したいと思う
ことを恥じる子供は、今は恥じていても
いつかは勇気を取り戻し他の人に
思いやりを示そうとするかもしれません。


初めのうちは恐怖を感じてしまい、行動
を起こせないかもしれませんが、何回か
トライするうちに誰かに思いやりの心を
受け止めてもらうことができれば、それは
本人にとってかけがえのない経験となります。


こちらの本にも詳しく書いていますので
よければ参考にしてください。


適応障害になってしまった私が適応障害を
克服した体験談を書いた本です。

一人で悩まずに落ち込まないでくださいね。






羞恥心を解消する簡単な方法

それでは羞恥心を解消する方法とは
どのようなものでしょうか?


それは


周囲の人の話を積極的に聞く


ことです。特に自分と同じような
経験のある人の失敗談を聞くことが
できると、自分の話もオープンに
話すことができるようになります。


そうすることによって恥ずかしい
思いをしているのは自分だけでない
と安心することができ、徐々に
羞恥心を解放することができる
ようになります。


いかがでしたでしょうか?


適応障害になりやすい人が感じやすいと
言われる罪悪感と羞恥心。
必要以上に罪悪感と羞恥心を溜め込まない
ようにしましょう。